ロゴ_違法専決Noの会   2013/10/10 更新


京成ただ乗りを認める違法専決処分はNO!



横山さんのチラシへの反論

 横山前市長は、判決を不服として上告すると発表するとともに、住民にチラシを配布しました。(掲載済み)
 このチラシへの反論を、やはりチラシにして当会は配布しました。
 地裁・高裁と2度の判決 横山元市長の専決は違法・損害賠償の責任がある(←クリックしてください。)
 この中で、横山氏の言い分が不当なものであることを説明しています。ご一読ください。



横山前市長が上告

 横山前市長は、判決を不服として、上告をすると発表。
 日経新聞・読売新聞記事   横山前市長のチラシ



住民が完全に勝利

 東京高等裁判所 第21民事部825号法廷での判決は、主文「1.本件控訴を棄却する。2.控訴費用は、控訴人の負担とする。」
 判決の「事実及び理由」は、省略しますが。控訴人(市)が上告しなければ、判決が確定します。
 市は上告しないことを決定しまた。 白井市ホームページの記事
 毎日新聞記事  日経新聞記事  読売新聞記事
 チラシ



判決を傍聴しよう

 東京高等裁判所 第21民事部825号法廷(建物は東京地裁と同じ場所) 地下鉄 霞が関駅下車

 今回は、バスをチャーターします。 歴史的な判決となると思います。 立ち会ってみませんか?
 チラシ



2013/08/29(木曜日)13時15分から  判決になります

 東京高等裁判所 第21民事部825号法廷(建物は東京地裁と同じ場所) 地下鉄 霞が関駅下車



2013/07/11(火曜日)14時20分から  口頭弁論  結審になりました

 東京高等裁判所 第21民事部825号法廷(建物は東京地裁と同じ場所) 地下鉄 霞が関駅下車

 乗車電車 前から2両目にご乗車ください
 千葉NT中央 12時22分  白井駅 12時27分 西白井駅 12時30分(乗り換え無し)
 東銀座着 13時21分 日比谷線乗り換え 霞が関下車
 北総鉄道利用で行かれる方 事前に割引き平日回数券をご利用になると往復400円程安価になります。
 (白井高砂間 440円)
 回数券販売 白井郵便局前 散髪屋さん 西白井 寺田屋さん



2013/06/11(火曜日)13時40分から  口頭弁論

 東京高等裁判所 第21民事部424号法廷(建物は東京地裁と同じ場所) 地下鉄 霞が関駅下車
 乗車電車 前から2両目にご乗車ください
      白井駅  12時 9分 西白井駅 12時12分 東銀座着 13時1分 日比谷線乗り換え 霞が関下車
 北総鉄道利用で行かれる方 事前に割引き平日回数券をご利用になると往復400円程安価になります。
 (白井高砂間 440円)
 回数券販売 白井郵便局前 散髪屋さん 西白井 寺田屋さん



2013/04/27 報告会を開催しました。

 4月27日(土)10時から12時まで 中銀ホールで開催しました。

 ポスター ←クリックすると大きくなります。

 ビデオ Part1  ビデオ Part2  ビデオ Part3



2013/03/22 一審判決

 3月22日(金)判決がでました。判決文全文を掲載します。

 判決文全文



2013/02/09-10 報告集会

 2月9日(土)・10日(日)判決を間近に控え報告集会を開催いたします。

 【印西会場】地域交流館3階(千葉ニュータウン中央駅南口)
  2月 9日(土)午後2時30分~

 【白井会場】白井駅前センター
  2月10日(日)午後 1 時~

主催 北総線の運賃値下げを実現する会  北総線値下げ裁判の会  違法専決処分 NO! の会



2012/12/18 第12回口頭弁論 結審

 会員のみな様

 本日、12月18日(火)午後1時半から千葉地裁第603法廷で裁判官3人が揃うなかで第12回目の口頭弁論が行われ、約2年に及んだ本裁判もついに結審となりました。

 出席いただいた原告、傍聴者のみな様、ご苦労さまでした。

 過去11回の口頭弁論は書面の交換が中心でしたが、いよいよ結審ということもあり、代理人の両先生とも打ち合わせをしながら、原告からも発言できるようにしてほしいとお願いし、先生方のご努力もいただくなかで、短時間ではありましたが藤森会長と徳本事務局長の二人が発言することができました。

 藤森会長は、この判決が全国の先例となり、全国の地方行政、議会に対する影響は計り知れないもので、原告敗訴となった場合は議会制民主主義をも否定することになることを力説し、公平な判決をと弁論(文書も提出)しました。

 徳本事務局長は、日本の各界の代表者で構成された権威ある地方制度調査会は「専決処分は真にやむを得ない場合」行う制度で、「制度の趣旨を逸脱しないように」との意見を提出し、これらの答申等を受けて近年だけで2度の法改正がされている。調査会の見解は定説であり、これを覆すことのない判決を求めました。

 なお、この判決は、来年の3月22日(金)に出されることになりました。

 (毎回20名を超える傍聴をいただいてきましたが、今日の写真(開廷前の傍聴席)を添付いたします。)

平成24年12月18日  違法専決NO!の会 事務局
 写真(開廷前の傍聴席)



2012/11/02 第11回口頭弁論


2012/08/24 第10回口頭弁論の傍聴と例会参加のお願い

 会員のみな様
 残暑お見舞い申し上げます。
 さて、8月24日(金)の16時30分から第10回口頭弁論が開かれます。
 前々回(第8回、4月20日)の口頭弁論には久しぶりに裁判長自身が出席し、「重大事件として扱い、慎重な審理と判断をする」という姿勢が明らかにされました。
 そして前回(第9回、6月15日)の口頭弁論においては、最後に裁判長から「終結の予定が一回ずれたが、次回(この24日)で裁判の終結を予定している」との発言がありました。
 提訴から1年半。私たちが請求している横山前市長の証人尋問がどういう扱いとされるかが残されているものの、違法専決裁判もいよいよ本当の大詰めを迎え、弁論自体は今回で結審となる可能性が非常に高いと思われます。
 つきましては、多くの会員、支援者のみな様の傍聴へのご参加をお願いいたします。また、当日は白井に戻ってから引き続き「例会」を開催いたしますのであわせてご参加いただけますようお願いいたします。傍聴には参加できない場合でも、例会の参加が可能な方はよろしくお願いいたします。

(第10回口頭弁論の傍聴について)

(日 時)  8月24日(金) 16時30分から(千葉地裁)
(集合等)  白井での集合時間は15時に白井駅前センター駐車場
※ これまで通り、車に分乗して千葉地裁を往復します。
※ 車を出せる方はよろしくお願いいたします。

(第2回例会の開催について)

(日 時)  8月24日(金) 18時30分頃から
※ 口頭弁論から戻り次第、開催します。議題は、口頭弁論結果と今後について。
(会 場)  白井駅前センター「作法室」(2階奥の部屋です)

                 違法専決NO!の会 会長 藤森



2012/06/15 第9回口頭弁論の報告(概要)

 提訴から1年半。違法専決裁判もいよいよ大詰めとなりました。
 6月14日に開かれた第9回口頭弁論は、重・今井両弁護士と原告・傍聴の21名にご参加いただき、これまでと同様に裁判所が用意した椅子は満席という中で開催することができました。ご参加いただいたみな様、お疲れ様でした。
(以下概要です)
 口頭弁論は、女性の陪審裁判官の進行で進められ、まず提出された書面の確認(原告の第7準備書面、証拠説明書と甲40~46号証。原告からの証人尋問の必要性。被告の準備書面9)が行われた後、裁判長から以下の話がありました。

① 横山前市長の尋問の件で、被告は必要ないということだが、議案の提案が最終日になったこと、臨時会を招集しなかったことの理由については、裁判所としても気になるところ。それらは、おそらく専決処分のあとの不信任案の審議がされた議会で市長の方からお話があったのではないか。その議事録を被告から出していただきたい。
② 岩田さんについては、議会最終日の28日の進行について知りたいので陳述書を提出いただきたい。
 その上で、尋問が必要かどうかを含めて判断したい。
 ※ 被告の代理人弁護士から尋問や陳述書提出に関して抵抗する発言と、裁判官とのやりとりがありとりがありましたが裁判官の指示通りとなりました。
③ 「専決処分をしない」という市長の発言が、どのような趣旨で行われたかが不明確。議事録でもいいし、明らかにしていただければと思う。
④ 原告には、8月26日の新聞報道(各市に書面を送ったということは知っていたか)等のいきさつ、9月6日の議会の冒頭で「予算化しない」と言っていたのか、それらを準備いただきたい。

上記の書面提出期限は7月31日。 次回口頭弁論は8月24日の午後4時半。
最後に裁判長から、終結の予定が一回ずれたが、次回で裁判の終結(尋問がある場合はもう一回)を予定しているとの発言があった。

口頭弁論の後は、裁判所一階の待合所で重・今井弁護士から口頭弁論におけるやり取りの解説等をしていただき散会しました。
6月15日 違法専決NO!の会 事務局 徳本



2012/02/17 報告会案内のチラシと写真

   報告会写真 総会写真



2011/06/07 5月発行のチラシ

遅くなりましたが、5月に発行したチラシを掲載します。

 



2011/03/05 報告会を開催
 日時   3月5日(土) 午後1時~
 場所   白井駅前センター2階 レクリエーションホール
 内容   当該違法専決裁判の報告と解説 他
 私たちは昨年12月21日、「横山市長の行った専決処分は違法」として千葉地裁に訴えました。この訴訟は、「北総鉄道(株)に対する税金による補助金支出の是非」、 その予算に「賛成か、反対か」ということにとどまらない問題、つまり市長と市議会(二元代表制)のもとでの市政運営のあり方という根本をも問いかけています。
3月5日の市民集会では、本裁判担当の重隆憲弁護土(中央大学法科大学院講師) と今井麻紗子弁護士に、「当該違法専決裁判の報告と解説」を中心に講演いただきました。
 また当日は、「市庁舎は改修か新築か」「白井・西白井駅前の駐車場売却の動きと今後」「市長や行政追認だけの監査委員の現状」など市民としてぜひ知っておきたい白井市における当面の問題についても話し合いました。
2010.12.31 チラシ配布開始

私達の主張を載せたチラシの配布を行っています。私達の主張は、次の2点です。

  • 市議会の議決を得ずに、私達が納めた税金を北総鉄道に支払ったことは違法である。
  • 補助金を支払うことは、京成がただ乗りしている現状に合意していることである。つまり、さらなる運賃値下げを放棄したことと同じである。

チラシ1面 チラシ2面



2010.12.21 千葉地裁に提訴

 市民有志(当会の主メンバー)は、「白井市長が、議会の議決を得ずに、専決処分で北総鉄道に補助金を支払ったことは違法である」ということを千葉地方裁判所に提訴しました。

 写真_記者会見 
No 提訴に関する資料
1 記者会見資料
2 訴状
3 補助金支払い差し止めを求める住民監査請求
4 補助金返還を求める住民監査請求
5 監査結果通知

 

 提訴の様子は、当日のNHKニュースや翌日の新聞で紹介されました。
産経新聞 朝日、毎日、東京新聞

また、新聞社のサイトにも掲載されています。

新聞社 タイトル
毎日新聞 北総鉄道:高額運賃問題 白井市長専決違法、市民団体が提訴
千葉日報 北総線で支出「専決は違法」 白井市住民が市を提訴

 



2010.12.19 違法専決NO!の会 総会を開催しました。

 当会の結成総会を行いました。数十名の方が参加され、ご理解とご協力をいただきました。ありがとうございます。